ギャップ 演出 女性を口説く 方法

上手にギャップを演出して口説く

スポンサーリンク

巷でよく言われることがあります。
それは
『ギャップのある男性が好き』
という言葉です。

 

テレビなどでタレントなどがよく言っていますよね。
テレビの中の芸能人などに限らずとも、世間の女性の多くは男性のギャップに魅力を感じることが多いようです。

 

女性に好かれるモテル男性になるためには、このギャップを利用しない手はありません。
女にもてるモテメンがもっているギャップには様々なパターンがあります。


たとえば、一見、見た感じは頼りなさそうなのに、本当はアグレッシブでリーダーシップにあふれているなんていいうギャップがあれば、女性にとっては理想的なのではないでしょうか。

 

では、みんなで一緒にいるときにはやさしくしてくれるけど、ふたりっきりになったらまったく正反対につめたくなってしまう。
そんなギャップをもっている男性はどうでしょうか?
これはよくない例ですね。

 

そんな男性に女性が魅力を感じるとはどう考えても思えません。
このようなマイナスのギャップは、むしろその男性の印象を大きく損なうことになりかねません。
女性はそんな男性からは遠ざかっていってしまうでしょう。

スポンサーリンク

しかし、こんなギャップならどうでしょうか?
一見、見た感じはしっかりしてそうなのに、実は、意外にもおっちょこちょいな一面もあるというようなギャップです。
これは、一見するとマイナス面のギャップのように見えますが、実はそうでもないのです。
見た目は完璧だけで、実は中身に些細な欠点があるというようなギャップはむしろプラスに働きます。
つまり、少しの欠点が親近感を与え、好意さえいただかせることがあるのです。
これは、女性の多くが本能的に持っていると言われる母性本能をくすぐられるからではないかと思います。


あまりにも欠点だらけであったり、重大な欠点であれば別ですが、表面的には完璧すぎる人間というのは近寄りがたい印象を与えてしまいかねません。
そんな場合は、こういうギャップの演出の仕方も有効だということを覚えておくと良いでしょう。

 

まとめると、「完璧ではない、少しは欠点のある男性」のほうが、実は、女性にもてるという点からすると「完璧な男性」であるということです。
少し、ややこしい言い方かもしれませんが、興味深いですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加