優柔不断 男 モテない 女の口説き方

優柔不断は女性にもてない!

スポンサーリンク

女性と一緒に何かを決める時に、全部「君が好きな方でいいよ」と言っていると、モテる男にはなれません。
「君が好きな方でいいよ」というと、一見、女性を気づかって言っているように思えますが、これは自分で何も決めないという優柔不断の表れです。


優柔不断な態度は、女性にモテることはありません。
女性は「君の好きな方でいいよ」と何度も言われると、だんだん「僕はどうでもいいよ」と言われている気がしてきます。
食事の場所から何から何までそういう態度を取られると、女性は自分に興味を持たれていないのだろうと判断します。

スポンサーリンク

また、女性は自分でいろいろ決めるのが苦手なので、男性が主導権を煮切ってあげた方が頼もしいと思われてモテることに繋がります。
何でも女性のいいなりになって、君の好きなようにしていいよと言い続けていると、女性は優しいと感じるよりは物足りなさを感じ初めて、その男性への興味を失ってしまいます。


ただし、何でも自分でどんどん勝手に決めて行く男性も、女性は好きではありません。
じゃあ、どうしたらいいんだ!?となってしまいますが、そこが女心の複雑さです。
ある程度、女性の意見を聞きながらも主導権は男性が握って、最後の決定も男性がするようにしたら、頼もしいモテる男になって行けます。
女性に優しくするのと、女性の意見を何でも聞くというのは意味合いが違います。
そのあたりを間違えないようにすれば、だんだんモテてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加