モテる 香り 使い方 女性の口説き方

もてる香りの使い方

スポンサーリンク

香水をフェロモンと一緒にして、いっぱい体に振りかけていればもてると勘違いしている人がいます。
香水の匂いは好き好きがあるので、むやみにつけたりすると、もてるどころか嫌われてしまいます。
男性の場合、若い人はあまり付けない方がいいでしょう。


ただし、汗の臭いは女性に嫌われるので、夏の暑い時期は制汗スプレーなどを使うようにします。
制汗スプレーも、匂いが強いタイプのものを付けると、香料と汗のにおいが混ざって、余計臭くなることがあるので、無臭のタイプのものか、あまり匂いの強くないものを選ぶようにするといいでしょう。
女性は匂いに敏感で、香水も人によって好みの香りが違うので、どんな香水がいいかは難しいのですが、クール系の香りの方が清涼感があっていいでしょう。

スポンサーリンク

ムスクなど、クセのある香りは好き嫌いがはっきり分かれる香りです。
女性の場合も、香水を使うより髪の匂いに気を使った方がもてるようになります。
女性の髪がなびいた時に香りが漂うのが好きという男性は、かなり多くいます。
女性が香水を使う場合は、シトラス系や、フローラル系が男性に好かれます。
海外製の高級ブランドの香水は、匂いがきつめなので注意しましょう。


香水を使う場合は、自分ではっきり匂いを感じるほどつけるのでは、つけすぎです。
自分でもほのかに匂う程度で、周りの人にも十分香りが伝わります。
体や洋服に振りかけてしまうと、周りの人は臭く感じるので気をつけましょう。
耳の後と、両手首の血管がある部分にほんの少し塗っておくと、ふとした時にほのかに香りがただよって、好感が持たれます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加